三幸グループ新卒・中途・障がい者 採用サイト

横浜広報室 久西 麗水

変わりゆく私を、
楽しんでいこう。

  • 三幸学園
  • 横浜広報室
  • 久西 麗水 2020年 新卒入社

教育、
だけじゃない世界へ。

横浜広報室 久西 麗水

大学を卒業したら、学校の先生になろうと考えていました。国語の教員免許の取得課程を選択して、母校の中学校では教育実習も経験。生徒たちに、学ぶ楽しさを伝えられた手応えもありました。教師になるのに必要な単位も問題なく取得し、先生になる準備は整った、けれど……。何か、心に引っかかる……。この先、何年、何十年と、「学校」という限られた世界だけで人生を過ごして良いのだろうか。もしかすると社会に出て、もっと多様な経験を積んだ後、先生になった方が子どもたちに教えられることが増えるのではないか。

そう悩みながら就職活動を始めたとき、三幸学園を知りました。「教務×広報×就職」に携わり、一人でいくつもの仕事を任せてもらえる環境。三幸学園だったら、教育に携わりながら、教育以外の分野の経験も積めそうだ、と想像が膨らんだんです。そして何より、数年後、たくさんの経験を重ねて成長し、先生としてイキイキと働く自分の姿が想像できました。

誰かの人生を、
そっと後押しする。

そんな私に、さっそく想像以上の出来事が訪れます。「久西麗水さんの配属は、横浜広報室です。」との通達がありました。私が広報室!? 人事発表でのまさかの配属先に、正直、驚きました。教員免許を持つ同期の多くが学校現場へと配属される中、私を含めた数名だけが、三幸学園内の専門学校・通信制高校にコンサルティング支援をする、広報室へ。でも思い返してみると、選考や面談の際に、「教務以外の仕事にもチャレンジしてみたい」と熱意をもって話した内容を汲んでくれたのだと思います。だからビックリしたけれど、未知の領域に飛び込めるチャンスに、ワクワクする自分がいました。

それからの1年間は、無我夢中で広報の仕事に向き合う日々。横浜広報室の役割は、横浜エリアにある専門学校・通信制高校の広報活動をサポートすること。ダイレクトメールの配布や広告物の企画・作成はもちろん、例えば、エリア内の中学・高校を訪問して、三幸学園を紹介したり、進路相談会を開催して、学生のお悩み相談にのったり。嬉しかったのは、就職も進学も希望しない、と宣言していた高校生が、相談会で私と話したのをきっかけに、三幸学園の美容専門学校に入学を決めてくれたこと。誰かの人生を少し後押しできたことに、とても嬉しくなりました。

久西の仕事には、
久西がいない。

横浜広報室 久西 麗水

嬉しい経験ができた反面、それでも募るのは、焦りや悔しさ。広報室の先輩と一緒に仕事をしていると、自分の無力さに悲しくなることも多々ありました。特に記憶に残っているのは、理事長や役員向けに、横浜地区の広報活動を報告する資料づくりと発表を任されたこと。数十ページに及ぶ資料を自力で作成してみたものの、事前の社内打ち合わせで発表してみると、上司からつくり直しを求められる結果に。

「久西さんの資料は、誰に何を伝えたいのか、わからないよ。」確かに私の資料は、ただ言われた通りにまとめただけで、自分なりの考えがまったく入っていませんでした。私の資料には、私がいなかった。それからは発表当日まで、資料をつくってはダメ出しを受け、修正して、またチェックを受けることの繰り返し。途中、何度も挫折しそうになりましたが、そんな私を支えてくれたのは、忙しい中でも親身になってアドバイスをくれる先輩の姿。夜の遅い時間まで付き合ってくれたこともありました。

先輩のようになりたくて、
挑戦できる道へ。

発表当日。先輩の力を借りて、何度も資料を練り直したことにより自信も芽生え、自分でも驚くほど発表に集中できました。嬉しいことに、理事長をはじめ、参加者のみなさんからもお褒めの言葉をいただくことに。何事も最後まで諦めずに「やりきる力」が大切なのだと、この経験を通じて学びました。

三幸学園が入学希望者や地域からより選ばれる学校になるため、広報室の職員として、コンサルティング力を極めること。それが、いまの私の目標です。実現するためには、たくさん挑戦して、失敗も成功も積み重ねたい。三幸学園が素敵なのは、そうした想いを認めてくれて、何事にもチャレンジさせてくれるところ。「専門学校の広報コンサルティングにいち早く携わりたい」と面談で伝えた際もその想いを汲んでもらい、本来であれば2年目以降から任される業務を1年目から任され、現在はリゾート&スポーツ校のコンサルを担当しています。実際、まだまだ力が及ばないことばかり。でも、この経験がきっと私の財産になると確信しています。その先に続くのは、たくさんの学びを与えられる先生? それはまだ、もう少し未来のお話。いまはただ、たくさんの学びを得て、変わりゆく私を、楽しんでいこうと思います。

先輩から、みなさんへ

再生

社員インタビュー

変わりゆく私を、
楽しんでいこう。
三幸学園久西 麗水 2020年 新卒入社
  • 三幸学園
  • 横浜広報室
  • 久西 麗水 2020年 新卒入社
夢のつづき。
夢のはじまり。
三幸学園山口 寛人 2019年 中途入社
  • 三幸学園
  • 飛鳥未来きずな高等学校
  • 山口 寛人 2019年 中途入社
没頭できる、
次のステージへ。
三幸学園北村 綾香 2014年 新卒入社
  • 三幸学園
  • 東京医療秘書福祉専門学校
  • 北村 綾香 2014年 新卒入社
合言葉は、
やればできる、
きっとできる。
三幸学園高橋 宏美 2013年 中途入社(障がい者採用)
  • 三幸学園
  • 飛鳥未来高等学校
  • 高橋 宏美 2013年 中途入社(障がい者採用)
プレイスタイルは、
じっくり&スピーディ。
日本教育クリエイト長島 良樹 2018年 新卒入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイトスタッフ 東京支社
  • 長島 良樹 2018年 新卒入社
めぐりめぐる、
幸せの連鎖。
日本教育クリエイト北島 菜未 2015年 中途入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイトスタッフ 東京支社
  • 北島 菜未 2015年 中途入社
信じた先に、
見つかるもの。
日本教育クリエイト廣澤 恵美 2011年 新卒入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイト委託推進部
  • 廣澤 恵美 2011年 新卒入社
ENTRY
MYPAGE