三幸グループ新卒・中途・障がい者 採用サイト

クリエイト委託推進部 廣澤 恵美

信じた先に、
見つかるもの。

  • 日本教育クリエイト
  • クリエイト委託推進部
  • 廣澤 恵美 2011年 新卒入社

人生の大事な局面で、
悩める人の力になりたい。

クリエイト委託推進部 廣澤 恵美

人の役に立つ仕事に就きたかった。それも、誰かの一生を左右する局面をサポートできたら、どれだけ嬉しいだろう。そう考えて、業界や企業を絞り込んでいったとき、おのずと「人材サービス」が私の中でシックリくるようになりました。「就職」という人生の転機で悩める人の力になりたい。大学時代に心理学を専攻し、一時は心理カウンセラーを志していた私。人の悩みに毎日向き合っていた経験が、もしかするとその決断を後押ししていたのかもしれません。

そうして、人材サービスを中心に就職活動を続けてみましたが、なかなかピンとくる会社は見つかりませんでした。「当社はウン億円の売上を誇り……」「我が社の事業シェアは……」など、どの企業も会社目線の話ばかりで、ツマラナイ。「結局、どの企業もそんなに違いは無いのかも」なんて思いながらも、日本教育クリエイトの説明会に参加したとき、感じました。私が探していた会社は、ここだ!って。人材不足が顕著な医療と福祉業界に特化して、「困難を希望に変える」サービスを提供していること。(当時は保育分野にはまだ展開していませんでした。)まっすぐで誠実な姿勢が感じられて、この会社ならば私がやりたかった「人の悩みに向き合う」仕事に携われると信じられたのでした。

夢中になれた、
営業の仕事。

入社してからは現在に至るまでずっと、医療事業部の営業職としてキャリアを積み重ねてきました。1年目は新規顧客開拓の営業を担当し、新宿より西側、東京23区外のエリアへ足を運び、病院や医療クリニックを訪問。採用に関するお悩みごとの解決を中心に業務に取り組んでいました。2年目以降は、既存クライアントの深耕営業も任され、お客様との関係性を深める活動にも取り組みました。加えて、業務委託運営(※)の仕事も任されるようになり、より総合的な支援を手がけられるようにもなりました。

一方で、医療機関で働くスタッフのみなさんと、密にコミュニケーションを取るのも、営業の大事な役割です。仕事に関するお悩みや、職場に対する意見など、働く中で感じるさまざまなお話を伺いながら、よりスタッフが活躍できる環境づくりに努める。1年目は20〜30名のスタッフを担当していましたが、4年目ごろには、最大150名ほどを担当したことも。多くの方の人生に関われている事実に、とても充実した日々を送る私。入社以来、営業の仕事に夢中でした。※医療機関の事業部をまるごと委託され、運営代行するサービス。例えば、医療機関の受付業務などをすべて請け負い、スタッフの採用から育成、受付サービスの運営・改善、業務マニュアルの作成など、円滑に業務運営ができるような体制を整える。

大切なお客様から、
突然の取引停止。

クリエイト委託推進部 廣澤 恵美

さまざまな経験をさせてもらってきた中で、最も記憶に残っている失敗があります。それは、入社2年目のとき。先輩から、とある総合病院の業務委託運営の担当を引き継いだのですが、そのクライアントは何十年もお取引のある、当社でも有数の関係性の深い病院でした。担当変更にあたり、先輩からいろいろ情報を引き継ぎ、普段やるべきことを把握。すでにある程度、業務はルーティーン化されていたため、私は言われた通りに業務を遂行していました。そんな、ある日……。「悪いけど、クリエイトさんとの取引は辞めて、別の人材会社に業務委託をお願いすることにします。」担当者から告げられた一言は、まさに晴天の霹靂。どうして?? 目の前が真っ暗になったことを覚えています。

私が行っていたのは、「お仕事の調子はどうですか?」「お困りごとは無さそうですかね?」と、スタッフと会話しながら、ぐるりと一通りの状況確認。その現場の声を責任者に報告。毎度、その繰り返し。それだけをやればOKだと思っていたんです。そこには、考えも、意思も無く、ただ業務をこなすだけの姿。決して、手を抜こうと思っていたわけではありません。それが私の「仕事」なんだと、勘違いしていたんだと思います。お客様のためになる、提案も改善も何も無い。その「仕事」らしき行動が、引き起こした結果でした。

失敗を恐れずに。
挑戦を応援したい。

それでも、上司や先輩は私を咎めることなく、「廣澤さんだけの責任じゃないよ」「任せきりにしてごめんね」なんて優しい言葉をかけてくれました。そして驚くことに半年後、別の病院での業務委託の案件を担当するチャンスまでもらえたんです。正直、自信を喪失してたので失敗が怖かったけれど、私を信じて任せてくれる気持ちに応えたいと、担当させてもらうことになりました。

前回の失敗を反省して、今度はお客様の悩みをしっかりヒアリングし、その解決につながる体制構築をご提案。すると、その提案が見事に採用され、クリエイトの委託部門を広げられる結果になりました。今度はちゃんと「仕事」ができたのだと、少し自信を取り戻す経験になりました。大きな失敗はしたけれど、私のことを見捨てずに新たなチャンスをくれたこと。それには感謝しきれません。現在、主任としてメンバーのマネジメントにも携わっていますが、何かサポートが必要な際は、当社らしい「信じて任せる風土」を大切にして、育成に取り組んでいます。もし大失敗したとしても、優しく受け止めたい。次につながる挑戦を、私は応援したいから。

先輩から、みなさんへ

再生

社員インタビュー

変わりゆく私を、
楽しんでいこう。
三幸学園久西 麗水 2020年 新卒入社
  • 三幸学園
  • 横浜広報室
  • 久西 麗水 2020年 新卒入社
夢のつづき。
夢のはじまり。
三幸学園山口 寛人 2019年 中途入社
  • 三幸学園
  • 飛鳥未来きずな高等学校
  • 山口 寛人 2019年 中途入社
没頭できる、
次のステージへ。
三幸学園北村 綾香 2014年 新卒入社
  • 三幸学園
  • 東京医療秘書福祉専門学校
  • 北村 綾香 2014年 新卒入社
合言葉は、
やればできる、
きっとできる。
三幸学園高橋 宏美 2013年 中途入社(障がい者採用)
  • 三幸学園
  • 飛鳥未来高等学校
  • 高橋 宏美 2013年 中途入社(障がい者採用)
プレイスタイルは、
じっくり&スピーディ。
日本教育クリエイト長島 良樹 2018年 新卒入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイトスタッフ 東京支社
  • 長島 良樹 2018年 新卒入社
めぐりめぐる、
幸せの連鎖。
日本教育クリエイト北島 菜未 2015年 中途入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイトスタッフ 東京支社
  • 北島 菜未 2015年 中途入社
信じた先に、
見つかるもの。
日本教育クリエイト廣澤 恵美 2011年 新卒入社
  • 日本教育クリエイト
  • クリエイト委託推進部
  • 廣澤 恵美 2011年 新卒入社
ENTRY
MYPAGE